top of page

福祉業界における人材獲得戦略 【地域参入と古参事業者の克服】

はじめに

福祉業界は、地域だけではなく社会全体の中でも大切な役割を担っています。高齢化が進む日本においては今後さらに重要度が増し、同時にマーケットチャンスも拡大していくと言えるでしょう。そんな福祉業界において成功するためには、いかに優れた人材を獲得できるかが鍵となってきます。そこで今回は、“福祉業界における効果的な人材獲得戦略”について、「地域への参入」と「既得権益の克服」という重要な2つの視点から解説していきます。


人材獲得の重要性

まずは、人材獲得の重要性について解説します。福祉業界での人材獲得は、質の高いサービス提供に直結します。つまり、お客様の信頼を得て、売り上げアップに繋がる基盤と言えます。質の高いサービスを提供するためには、適切な人材が必要です。新たな人材の参入によって、多様なアイデアや視点がもたらされ、自社が提供する福祉サービスがより充実します。お客様と地域の信頼を得て既得権益を克服し、効率的な運用を行うことで、福祉活動における自社経営を優位に進めることができるようになるでしょう。


地域の信頼構築

福祉業界での成功は、地域社会との緊密な連携から始まります。これは人材獲得においても同じで、自社の商圏である地域社会との繋がりを築くことが、優秀な人材を獲得するための大きな鍵となります。したがって、適切な人材を獲得するための基盤構築として、地域のニーズを把握し、信頼関係を築くことが最重要項目です。具体的な手法としては、地域イベントやセミナーへの参加、地域の問題に対する解決策やプロジェクトなどの具体的な提案は重要な戦略となってきます。これにより、地域の期待に応えることが可能となり、地域における人材獲得の優位性につながります。


古参事業者との連携

福祉業界では、医療法人や社会福祉法人などの既存組織が一定の影響力を持っています。新規参入者にとっては参入障壁となる場合もありますが、同時に競争優位性を構築するチャンスでもあります。そのための効果的な方法が、既存法人との協力・提携です。まずは、この関係性を築く道を模索しましょう。なぜなら、共同プロジェクトの立ち上げやリソースの共有を通じて、新たな人材獲得のルートが開けるなど、双方に利益をもたらす可能性があるためです。また、中長期的に自社の業界内でのポジションを考えたとき、こうした相互利益的な関係を築くことが重要です。要するに、共同の目標を見つけ、それを達成するために、お互いの強みを活かし合い、より効果的な福祉活動を展開しましょう。


資金効率の最適化

さて、ここまで「地域参入」と「既得権益の克服」という、福祉業界における人材獲得戦略の重要な2つの視点から解説してきました。これらを踏まえ、最後に大切なことが「売上回収の期間」です。これを考慮しておかないと、せっかく獲得した優秀な人材や、それにより築きつつある競争優位性の前に、キャッシュが回らなくなり、ゲームオーバーとなってしまいます。この点について、資金効率の最適化という観点から解説します。


福祉業界では、売上回収に時間がかかることが一般的です。なぜなら、公的な支援や補助金の手続きが複雑だからです。平均すると、2ヶ月以上は見込む必要がります。しかし、適切な財務戦略を立て、効率的な請求システムを導入することで、売上回収のスピードを向上させることができます。売上回収のスピードが向上すれば、資金の適切な運用が可能となります。そして、キャッシュフローの適切な管理を行うことで、より多くの資源を活用した福祉活動を拡大させながら、持続可能な経営を目指しましょう。


まとめ

福祉業界における人材獲得は、「地域への参入」と「古参事業者の克服」が重要な要素です。地域の信頼を獲得し、既存の法人との連携を強化することで、人材獲得の障壁を下げることができます。また、売上回収のスピードを向上させるために、資金の適切な運用や財務の専門家の活用が不可欠です。これらの戦略を組み合わせることで、福祉業界での人材獲得を成功させることができるでしょう。


今回の記事では福祉業界の現状をサラッと紹介させていただきましたが、実際に人材獲得で悩まれていたり人が足りなくて仕事が回らないという事業者の方々は遠慮なくご相談ください。問い合わせページから連絡いただければ無料相談も受け付けております!


Comments


bottom of page