top of page

NFTって何?

更新日:2023年10月12日


今回は「NFTって何?」がテーマです。最近ニュースで聞いたような…。何でしたっけ??(⌒-⌒; )


こんにちは。就労継続支援B型ShakeHandsのTです。


今回は社長から

「NFTをやってください」という指令が来たので早速取り組まないといけないのである。



そもそもNFTがわからない私は

「NFTってバナナの熟成度の選定基準か何かですか?」と女上司に聞いてみた。

「わざと寒くしているのか、ほんとに滑ってるのかわからん」と言われました。



気を取り直して因みにNFTとは


非代替性トークン(ひだいたいせいトークン、: non-fungible token、略称: NFT)とは、ブロックチェーン上に記録される一意で代替不可能なデータ単位である。NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけられる。代替可能性: fungibility)がないという点で、NFTはビットコインなどの暗号通貨とは異なる。

NFTは、「関連づけられているファイルなどの真正性や所有権を証明する」と主張されているが、NFTによって保証・譲渡される法的権利は不明瞭な可能性が指摘されている。また、NFTには、関連づけられているファイルの共有や複製を制限する機能は存在せず、ファイルの著作権を必ず譲渡する訳でもなく、同一のファイルに関連づけられた別のNFTを無制限に発行可能である。2022年現在、NFTは主に投機資産として利用されているが、ブロックチェーンのトランザクションの検証に伴う電力消費とカーボンフットプリントへの懸念、および美術品詐欺などの悪徳商法に頻繁に利用されていることから批判されており、一部には「NFT市場の構造はポンジ・スキームネズミ講マルチ商法と類似しており、人為的に価格が吊り上げられている」と指摘する声もある。価格操作等の目的で「NFTを所有すればアート自体を所有できる」「NFTにすることでアートの複製防止ができる」などと言ったありもしない機能が吹聴されるなど社会問題になっている。【引用元:wikipedia】


なるほどわからん。


なにやらメタバースよりも遥かにややこしそうなこの企画。


詳しく調べたら何やらデジタル著作物の所有権を証明するシステムとのことだ。

何やらニュースで報道されていた、小学生のピクセルアートが高額になったとかのあれですかね。


アート活動ならまかしてくれ。専売特許なのだよ。


燃えてきたので

早速NFT活動するぞ!!

・・・・・・・・



~数分後~


できました!!

本邦初公開。ShakeHands Tの初ピクセルアート作品です。


・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


すごいちっさい声で後ろから

「アウト」


って聞こえました。


就労支援ShakeHandsはNFTでの出品を7月~行います。ご興味のある方は是非購入の検討をお願い致します。他クラウドファンディング「ぼくと羊」プロジェクトのほうも是非参加頂けますと幸いです。










Commentaires


bottom of page